生前整理をしておけば残された家族が助かる

シニア女性

人生を終える前の準備とは

部屋

近年は、40代以降の方を中心に終活や生前整理という言葉が注目されています。終活、生前整理とは自分の人生の終わりに向けた準備のことで、しっかり準備しておくことで様々なメリットがあります。倒れたり、亡くなった後では家族が混乱してしまう可能性があるため、生前から準備しておく必要があるのです。特に、身の回り品が多い、所有している財産がある方は、亡くなった際に家族の負担が大きくなりがちです。家族の負担を減らすためにも生前整理をしておきましょう。高齢の方の場合は老人施設に入居するタイミングで生前整理をする方もいます。高齢になると1人で生前整理をするのは難しいので、家族や身近な親族に手伝ってもらいます。しかし、家族や親族がいない場合は生前整理業者に依頼することになります。業者には生前整理を専門にしているところと、遺品整理を兼ねているところなどたくさんの業者がいます。住宅や土地、預貯金など遺産分割するものがある場合は、司法書士と提携しているような業者を選ぶようにします。大切な財産を扱うわけですから、知識を持った業者に依頼することが重要です。生前整理を専門にしている業者は、エンディングノートを作成して終活の手助けをしてくれます。エンディングノートとは財産目録作成や身の回り品の処分についてまとめておくものです。このエンディングノートを作成しておけば、家族の混乱を防ぐことができ安心して老後を迎えることができます。終活に興味がある方は生前整理業者に相談してみましょう。